名刺交換時の渡し方で押さえておきたいマナー

名刺交換時の渡し方で押さえておきたいマナーは?

名刺交換時の渡し方で押さえておきたいマナーは?
名刺の渡し方で相手のレベルが分かるため、正しい名刺交換の方法を押さえておかなければなりません。

間違った渡し方や受け取り方をしていると、確実に自分の第一印象は悪くなってしまいます。

  • マナーを分かっていない人とビジネスの関係を持って良いのか?
  • 本当にこの人は信用しても良いのだろうか?

こういった違和感を与えてしまうので、ビジネスマンであれば正しいやり方を覚えておかなければならないのです。

そこで、以下では名刺交換時の正しい渡し方を箇条書きでご紹介しているので、間違って覚えている部分がないかどうかチェックしておきましょう。

  • 座ったまま渡すのは失礼なので立って交換する
  • 客先に対して売り手側が最初に身内紹介をする
  • ポケットや財布から差し出すのではなく名刺入れの中に入っている名刺を渡す
  • ヨレヨレの名刺や折れ曲がった名刺はあらかじめ処分しておく
  • テーブル越しではなく横に移動して渡す
  • 相手が差し出した高さよりも低い位置で自分の名刺を渡す
  • 胸の高さになるように自分の名刺を持って両手で渡す
  • 名刺の向きは自分側ではなく相手から見て読みやすい向きが正しい
  • 名刺を渡すのと同時に自分の名前をフルネームで伝える
  • 読みにくい名前であればゆっくりと大きな声で名乗る

名前だけではなく社名を名乗りながら差し出すのが正しい渡し方で、当然のように笑顔を意識しなければなりません。

最初に軽くお辞儀をすればより好印象を与えられますし、渡す際に手元に目線を落とすのではなく相手の目を見るのもポイントの一つです。

同時に名刺交換する際の正しい渡し方は?

原則的にビジネスでは、目下の者から名刺を渡さなければなりません。

しかし、あたふたとしていて目上の者から名刺を差し出されることはあり、そんな時の正しい渡し方を以下ではまとめてみました。

  • 「申し遅れました」と一言添えて自分の名刺を差し出す
  • 同時のタイミングであれば右手で差し出して左手で受け取る
  • この時指先を直ぐに添えて両手で受け取って先方の名前を確認する

同時に名刺交換をする際も、名刺を渡す時に自分の名前や社名を伝えなければならない点では一緒です。

近年では、「自分が最初に名刺を受け取ると相手を目下の者だとみなしていることになる」と考え、同じタイミングで受け渡しを行う方法が主流となりました。

お互いに恐縮して名刺を受け取らないような状態が続くのは時間の無駄ですし、自分から渡すシチュエーションではなく同時に交換する際のマナーを押さえておいてください。

PAGE TOP