名刺交換時の受け取り方で押さえておきたいマナー

名刺交換時の受け取り方で押さえておきたいマナーは?

名刺交換時の受け取り方で押さえておきたいマナーは?
取り引き先と初めてお会いする際、一番最初に行うのが名刺交換です。

「自分がどのような会社に勤めているのか?」「自分が何者なのか?」といった点を伝える役割を持つのが名刺で、お互いに交換して身分を明かします。

以下では名刺交換時の受け取り方で押さえておきたいマナーをご説明しているので、一度チェックしておきましょう。

相手が来たら立ち上がって迎える

座ったまま名刺交換をするのはマナー違反で、受け取る時も渡す際も相手がきたら立ち上がって迎えなければなりません。

  • 相手が部屋の中に入ってきたら直ぐに立つ
  • テーブル越しでは名刺交換をしてはいけない
  • テーブルの横に移動して受け渡しを行う
  • 立ったまま行う時はそのままで良い

上記の4点を押さえておけば問題はなく、事前に名刺入れを用意しておけばいざという時に慌てずに済みます。

目下の立場の者から名刺を渡して目上の者から受け取る

名刺交換の際は目下の立場の者から名刺を渡し、次に目上の者から受け取るのが正しいマナーです。

ビジネスにおいて目上とは年齢ではなく、お願いされる立場の者を指します。

例えば、自社の商品を売り込むために他社へと訪問する際は、相手の年齢に関わらず自分が目下となるのであなたから差し出さなければなりません。

社内で名刺交換をする際は役職が下の人間から渡す形となります。

相手よりも低い位置で受け取る

目上の相手から名刺を受け取るに当たり、低い位置で両手で名刺を掴むのがマナーです。

  • 相手が差し出した高さよりも低い位置で受け取ることで謙虚さを出せる
  • 名刺を貰う際は「頂戴いたします」と一言添える
  • お互いに差し出す際は右手で自分の名刺を渡して左手で受け取る
  • 受け取った後は「どうぞよろしくお願い申し上げます」と告げる

別々で差し出して受け取る時は両手、お互いに同じタイミングで名刺交換をする際は左手と覚えておきましょう。

受け取った名刺は直ぐにしまわない

受け取った名刺を直ぐに名刺入れの中にしまってはいけません。

名刺入れの上に相手の名刺を乗せて椅子へと座った後に、テーブルの見える位置に置きます。

頂いた名刺は自分から見て左側に並べなければならず、複数人と交換した時は相手の座席順で並べるのがマナーです。

その場の着座したポジションに合わせて並べておけば、その後の打ち合わせをスムーズに行うことができます。

基本的過ぎて上司から教わっていないこともあるので、相手に失礼がないように自分で確認しておきましょう。

PAGE TOP