名刺交換時のマナー!名刺入れの向きをチェック

名刺交換時のマナー!名刺入れの向きをチェックしておこう

名刺交換時のマナー!名刺入れの向きをチェックしておこう
名刺交換時のマナーとして名刺の渡し方や受け取り方だけではなく、名刺入れの中に入れる名刺の向きも同時にチェックしておかなければなりません。

あまり関係がないのではと思うかもしれませんが、相手の読み取れる向きで名刺を渡すのがマナーです。

  • 名刺入れの中に名刺がバラバラに入っていると渡す時に戸惑う
  • 取り出して直ぐに相手が読み取れる位置に最初からセットする
  • 自分の名前を相手向きにして指で挟んで取り出しやすいようにする
  • ゆっくりと慌てずに両手で自分の名刺を差し出す

名刺交換の時にあらかじめこのような点に気を配っていれば、逆向きで渡してしまう心配はありません。

些細なことでも、「この人はビジネスで付き合っていくに値するのか?」「きちんと常識を把握しているのか?」といった点を相手にさり気なく伝える必要があります。

名刺入れの中の名刺をあらかじめ一定の向きで揃えるだけなので簡単です。

名刺入れをお盆代わりにして受け渡そう

近年ではビジネスにおいて時間短縮が意識されており、礼儀に関してもうるさくないのであまり神経質にならなくても良いでしょう。

しかし、原則として名刺入れをお盆代わりとして受け渡すのが交換時のマナーだと言われています。

相手の分身となる名刺を直接手で受け取ることに対して、以前までは相手に対して失礼だと考えられていました。

だからこそ自分が持っている名刺入れの上で済ませるのが適しており、自分の名刺の向き以外にもチェックしておくべきポイントは多いのです。

名刺入れの選び方も把握しておこう

  • 名刺を財布の中から取り出して相手へと渡す
  • ポケットの中に入っている汚い名刺を渡す

こういった方法で名刺交換を行うのはマナー違反で、基本的には名刺入れから綺麗な名刺を取り出して渡さなければなりません。

その際に相手の目に自分の名刺入れが映るため、ケースの選び方も意外と大事なのです。

どんな点を押さえておけば良いのか一度チェックしておきましょう。

  • プラスチックの名刺入れはオモチャのような軽いイメージがあるのでNG
  • アルミ製の名刺入れもビジネスの場面では相応しくない
  • パっと見て直ぐに分かるブランド柄も避けるべき
  • カジュアルなものやカラフルなものはNG
  • 革製がベストでカードケースタイプより二つ折りタイプが好印象

名刺入れ一つで自分の印象が一気に悪くなることはありませんが、マナーを心得たできるビジネスマンになるためにも細かい部分まで把握しておいてください。

PAGE TOP