名刺交換時の渡し方で押さえておきたいマナー

名刺交換時の渡し方で押さえておきたいマナーは?

名刺交換時の渡し方で押さえておきたいマナーは?
名刺の渡し方で相手のレベルが分かるため、正しい名刺交換の方法を押さえておかなければなりません。

間違った渡し方や受け取り方をしていると、確実に自分の第一印象は悪くなってしまいます。

  • マナーを分かっていない人とビジネスの関係を持って良いのか?
  • 本当にこの人は信用しても良いのだろうか?

こういった違和感を与えてしまうので、ビジネスマンであれば正しいやり方を覚えておかなければならないのです。

そこで、以下では名刺交換時の正しい渡し方を箇条書きでご紹介しているので、間違って覚えている部分がないかどうかチェックしておきましょう。

  • 座ったまま渡すのは失礼なので立って交換する
  • 客先に対して売り手側が最初に身内紹介をする
  • ポケットや財布から差し出すのではなく名刺入れの中に入っている名刺を渡す
  • ヨレヨレの名刺や折れ曲がった名刺はあらかじめ処分しておく
  • テーブル越しではなく横に移動して渡す
  • 相手が差し出した高さよりも低い位置で自分の名刺を渡す
  • 胸の高さになるように自分の名刺を持って両手で渡す
  • 名刺の向きは自分側ではなく相手から見て読みやすい向きが正しい
  • 名刺を渡すのと同時に自分の名前をフルネームで伝える
  • 読みにくい名前であればゆっくりと大きな声で名乗る

名前だけではなく社名を名乗りながら差し出すのが正しい渡し方で、当然のように笑顔を意識しなければなりません。

最初に軽くお辞儀をすればより好印象を与えられますし、渡す際に手元に目線を落とすのではなく相手の目を見るのもポイントの一つです。

同時に名刺交換する際の正しい渡し方は?

原則的にビジネスでは、目下の者から名刺を渡さなければなりません。

しかし、あたふたとしていて目上の者から名刺を差し出されることはあり、そんな時の正しい渡し方を以下ではまとめてみました。

  • 「申し遅れました」と一言添えて自分の名刺を差し出す
  • 同時のタイミングであれば右手で差し出して左手で受け取る
  • この時指先を直ぐに添えて両手で受け取って先方の名前を確認する

同時に名刺交換をする際も、名刺を渡す時に自分の名前や社名を伝えなければならない点では一緒です。

近年では、「自分が最初に名刺を受け取ると相手を目下の者だとみなしていることになる」と考え、同じタイミングで受け渡しを行う方法が主流となりました。

お互いに恐縮して名刺を受け取らないような状態が続くのは時間の無駄ですし、自分から渡すシチュエーションではなく同時に交換する際のマナーを押さえておいてください。

名刺交換時の受け取り方で押さえておきたいマナー

名刺交換時の受け取り方で押さえておきたいマナーは?

名刺交換時の受け取り方で押さえておきたいマナーは?
取り引き先と初めてお会いする際、一番最初に行うのが名刺交換です。

「自分がどのような会社に勤めているのか?」「自分が何者なのか?」といった点を伝える役割を持つのが名刺で、お互いに交換して身分を明かします。

以下では名刺交換時の受け取り方で押さえておきたいマナーをご説明しているので、一度チェックしておきましょう。

相手が来たら立ち上がって迎える

座ったまま名刺交換をするのはマナー違反で、受け取る時も渡す際も相手がきたら立ち上がって迎えなければなりません。

  • 相手が部屋の中に入ってきたら直ぐに立つ
  • テーブル越しでは名刺交換をしてはいけない
  • テーブルの横に移動して受け渡しを行う
  • 立ったまま行う時はそのままで良い

上記の4点を押さえておけば問題はなく、事前に名刺入れを用意しておけばいざという時に慌てずに済みます。

目下の立場の者から名刺を渡して目上の者から受け取る

名刺交換の際は目下の立場の者から名刺を渡し、次に目上の者から受け取るのが正しいマナーです。

ビジネスにおいて目上とは年齢ではなく、お願いされる立場の者を指します。

例えば、自社の商品を売り込むために他社へと訪問する際は、相手の年齢に関わらず自分が目下となるのであなたから差し出さなければなりません。

社内で名刺交換をする際は役職が下の人間から渡す形となります。

相手よりも低い位置で受け取る

目上の相手から名刺を受け取るに当たり、低い位置で両手で名刺を掴むのがマナーです。

  • 相手が差し出した高さよりも低い位置で受け取ることで謙虚さを出せる
  • 名刺を貰う際は「頂戴いたします」と一言添える
  • お互いに差し出す際は右手で自分の名刺を渡して左手で受け取る
  • 受け取った後は「どうぞよろしくお願い申し上げます」と告げる

別々で差し出して受け取る時は両手、お互いに同じタイミングで名刺交換をする際は左手と覚えておきましょう。

受け取った名刺は直ぐにしまわない

受け取った名刺を直ぐに名刺入れの中にしまってはいけません。

名刺入れの上に相手の名刺を乗せて椅子へと座った後に、テーブルの見える位置に置きます。

頂いた名刺は自分から見て左側に並べなければならず、複数人と交換した時は相手の座席順で並べるのがマナーです。

その場の着座したポジションに合わせて並べておけば、その後の打ち合わせをスムーズに行うことができます。

基本的過ぎて上司から教わっていないこともあるので、相手に失礼がないように自分で確認しておきましょう。

複数人での名刺交換!持ち方で押さえておきたいマナー

複数人で名刺交換をするケースは多い

複数人で名刺交換をするケースは多い
「自分と上司」「相手先の上司と部下」など、複数人で名刺交換をするケースは現代では少なくありません。

2対2や3対3などのシチュエーションは十分に考えられ、1対1とは違ったマナーを心得ておく必要があります。

以下では、複数人での名刺交換で押さえておきたいマナーを幾つかご紹介しているので、ビジネスで好感を持たれるためにも一度チェックしておきましょう。

複数枚の名刺の持ち方を押さえておく

複数人での名刺交換では、当然のように複数枚の名刺を渡す形となります。

  • 相手の上司
  • 相手の部下

2対2であれば2枚の名刺を使う形となり、持ち方から受け取り方までの大まかな流れを見ていきましょう。

  • あらかじめ複数枚を出して名刺入れの下に準備して取り出しやすいようにする
  • 1対1と同じ要領の持ち方で自分の名刺を取ってから渡す
  • 先方の名刺を受け取った後に名刺入れとカバーの間に挟む
  • 既に名刺入れの下でスタンバイしているので慌てずに済む
  • 先方の上司と交わした後は部下と同じ要領で名刺交換をする

複数枚の名刺を受け取った後は、名刺入れのフタの下にしまっておけば問題はありません。

机の上で名刺交換をする際はそのまま名刺入れの上に乗せて出しておくのがマナーですが、立ったまま交換している時はフタにしまう持ち方をしていれば指が絡まる心配なく落ち着いて続けられます。

ただし、しまう際は上位者の名刺が上になるように順番には注意してください。

名刺交換の正しい順番を押さえておく

1対1の名刺交換であれば、下手の者から名刺を差し出して相手から受け取るのがマナーです。

この点に関しては複数人でも一緒で、以下では正しい順番をまとめてみました。

  • まずは自社と先方の会社の上司同士が名刺交換を行う
  • 次に自分と先方の担当者が名刺交換をする
  • 次に自分の上司と先方の担当者が行う
  • 最後に自分と先方の上司が名刺交換を行う

時間を短縮するために、「上司同士」「部下同士」で同時進行で名刺交換をするケースは少なくありません。

これは状況によって大きく異なり、臨機応変に場の状況に合わせて変える必要があります。

名刺交換をした後に机の上に座って商談を行う際は、役職の一番高い人の名刺を名刺入れの上に乗せ、担当者や部下の名刺はテーブルの上に置きましょう。

どちらにしても名刺入れの中にしまってはならず、そのまま相手の見える位置に出しておくのがマナーです。

1対1でも複数人でも一緒なので、焦って失敗しないように事前に練習しておいてください。

名刺交換時のマナー!名刺入れの向きをチェック

名刺交換時のマナー!名刺入れの向きをチェックしておこう

名刺交換時のマナー!名刺入れの向きをチェックしておこう
名刺交換時のマナーとして名刺の渡し方や受け取り方だけではなく、名刺入れの中に入れる名刺の向きも同時にチェックしておかなければなりません。

あまり関係がないのではと思うかもしれませんが、相手の読み取れる向きで名刺を渡すのがマナーです。

  • 名刺入れの中に名刺がバラバラに入っていると渡す時に戸惑う
  • 取り出して直ぐに相手が読み取れる位置に最初からセットする
  • 自分の名前を相手向きにして指で挟んで取り出しやすいようにする
  • ゆっくりと慌てずに両手で自分の名刺を差し出す

名刺交換の時にあらかじめこのような点に気を配っていれば、逆向きで渡してしまう心配はありません。

些細なことでも、「この人はビジネスで付き合っていくに値するのか?」「きちんと常識を把握しているのか?」といった点を相手にさり気なく伝える必要があります。

名刺入れの中の名刺をあらかじめ一定の向きで揃えるだけなので簡単です。

名刺入れをお盆代わりにして受け渡そう

近年ではビジネスにおいて時間短縮が意識されており、礼儀に関してもうるさくないのであまり神経質にならなくても良いでしょう。

しかし、原則として名刺入れをお盆代わりとして受け渡すのが交換時のマナーだと言われています。

相手の分身となる名刺を直接手で受け取ることに対して、以前までは相手に対して失礼だと考えられていました。

だからこそ自分が持っている名刺入れの上で済ませるのが適しており、自分の名刺の向き以外にもチェックしておくべきポイントは多いのです。

名刺入れの選び方も把握しておこう

  • 名刺を財布の中から取り出して相手へと渡す
  • ポケットの中に入っている汚い名刺を渡す

こういった方法で名刺交換を行うのはマナー違反で、基本的には名刺入れから綺麗な名刺を取り出して渡さなければなりません。

その際に相手の目に自分の名刺入れが映るため、ケースの選び方も意外と大事なのです。

どんな点を押さえておけば良いのか一度チェックしておきましょう。

  • プラスチックの名刺入れはオモチャのような軽いイメージがあるのでNG
  • アルミ製の名刺入れもビジネスの場面では相応しくない
  • パっと見て直ぐに分かるブランド柄も避けるべき
  • カジュアルなものやカラフルなものはNG
  • 革製がベストでカードケースタイプより二つ折りタイプが好印象

名刺入れ一つで自分の印象が一気に悪くなることはありませんが、マナーを心得たできるビジネスマンになるためにも細かい部分まで把握しておいてください。